上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ある出版社での出来事
優秀な若手実力派の女性Aが編集長という立場をまかされチームのリーダーに就任。
しかしそのチームは実力バリバリの年上ベテランぞろいのチームである。
会議でもバリバリ意見が飛び交うチームメンバーである。
Aは自分がリーダーという立場なので、メンバーからの意見を引き出し
チームがよりよい方向に進むために自分の意見を押し通すよりも
メンバーからの意見をなるべく引き出し、それをうまく調整していこうと、
例え自分が無理をしてでも、それが円滑に仕事を進める最適な方法だと信じて
裏方に徹し、メンバーの意見を優先的に勧めていった。
しかし、彼女の意向とは裏腹に、そのチームはだんだんピリピリした雰囲気に
なり、メンバーの不満が出始め険悪な雰囲気になっていった。
最悪なことに中心で進めていたスタッフから
「もう一緒に仕事したくない!」と言われショックを受けてしまう。
Aは「なんで自分の意見を押し殺してまでみんなのためにやってきたのに~
私だけがせめられなきゃいけなのよ~」
と悩んでしまう。

この事例でみなさんはAはどの部分に問題があると考えますか?


ここあ自身はこう思うのですが・・・(今までの経験から・・)

問題1 Aはみんなのためという大義名分のもと自分の意見をだして方向性を示さなかったこと
    (それは自分の経験や考えの浅さを指摘されることに恐れていたからなのかも)
問題2 スタッフが異論反論を唱えてもリーダーが中立の立場にたって調整しているだけなので
    異論反論をリーダーが受け止めてくれないと感じる
問題3 リーダーの方針がなければやはりスタッフがどこに向かっていてるのか分からない
    スタッフの意見で軸がぶれていたら、逆に方向性が揺らいでしまう
問題4 やはりリーダーのコミュニケーションの取り方に問題がある。
    聞く事も大事であるが、リーダーが先に自分の考えを示さなければスタッフは本音をだせない

まあ個人的にこのように思います・・・・
やっぱりまずは自分から意見を出してやっていかんとイカンでしょうな
かの有名なJobs大先生もこう言ってます!
すぐれた人材には、それを束ねる重力のようなものが必要だ。
まあjobs先生みたいにはいきませんけどね・・・
このエオルゼアでも様々な人間模様が繰り広げられていることでしょう~

さて今週の週番はふじこさん~ LS Lupinです~
テーマは「黙っておれについてこい!」だそうです。
なにやら・・・ふじこさんのシナリオクエから手伝いをやらされるそうだ・・・
日がな一日~ヴァレンティオンデーに向けてチョコを準備してました~
リアル、女性は今頃大変なんでしょうな~準備に
調理師大変だじぇ!
チョコ作り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ONとOFF

ブログを書く理由~

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。